交通事故で認められる損害賠償の範囲は?

交通事故で被害者になることは、誰にでもなる可能性があります。
被害者が請求でき交通事故で認められる損害賠償の範囲には3つ挙げられます。

・消極損害
事故がなかったことで得ていた利益のことです。
簡単に言うと、働いている方は給料のことです。
もちろん専業主婦の方にも発生します。
働いている主婦の方は、両方分の利益計算にはなりません。多い方で請求しましょう。
働いていない方も、就職活動中など労働意欲が認めれれば認められます。

・積極損害
事故がなかったならば支払うことのない治療費。
病院から発行される領収書が必要です。
(事故の場合は支払いを保留してもらい保険会社より直接支払いをしてもらえることもあります。)

・慰謝料
事故によって受けた精神的・肉体的苦痛に対して請求できるお金です。
交通事故の場合、民法の法律で支払うことが定められています。

被害者となった場合には、きちんと請求をして支払ってもらいましょう。

Posted in 交通事故の示談のポイント | コメントは受け付けていません。

交通事故示談の「積極賠償」とは何か?

交通事故に遭った場合、その損害に対して被害者は加害者や保険会社に請求をすることができるのですが、その損害には積極賠償と消極賠償というものがあります。

この「積極賠償」というのはどんなものかと言うと、交通事故の被害にあったことで、被害者がケガをした場合の治療費、その治療に関わる治療器具などの費用、介護が必要な場合はその介護費用などの必要経費、または交通事故によって亡くなったた場合にはその葬祭関係の費用を請求することができます。

後遺症などがのこって、今後の生活において、自宅をリフォームしなくてはならない様な場合でもその費用を請求することができます。
また、事故にあったことで、予約していた旅行にいけなくなったり、学校などに通えなくなってしまった場合もそのかかった費用を請求することができます。

どこまで請求できるのか迷ってしまった時は交通事故相談窓口や弁護士などの専門家に相談してみると適正な判断をすることができるでしょう。

Posted in 交通事故の用語集 | コメントは受け付けていません。

交通事故の示談で被害者が請求できる損害の種類とは

本来であれば遭ってはならない交通事故、でも避けられずにあってしまうことのあるのが交通事故でもあります。
そんな交通事故ですが、もしも交通事故で被害者となってしまった場合に、加害者や保険会社に対してどういった損害を請求することができるのでしょうか。

この損害請求には大きくわけて二種類の損害があり、一つは治療に関連する費用、怪我などで必要になった看護費用、事故にあったことでキャンセルになった旅費、通えなくなった学費など、その他ケガをしたことにまつわる全ての必要経費のことをいい、これを積極損害と言います。

もう一つは消極損害といいい、この交通事故に遭わなければ得られた利益に対する損害、例えば、会社を休んだり、お店を休まなくてはならなくなり得られなかった利益、または後遺症などで今後の収入に影響が出る場合などの損害をいいます。

そして、多くの人もご存知の通り、精神的苦痛に対する慰謝料を請求することができます。

Posted in 交通事故の対応について | コメントは受け付けていません。

交通事故の示談交渉するポイント

交通事故の示談にも示談交渉するポイントがあります。
まず示談交渉を行うタイミングですが、怪我の治療が完全に終わった時、またはこれ以上症状が回復しないようなところまで症状が回復した場合等がいいでしょう。

後遺症障害の認定の有無などもハッキリとして総障害額が確定してからです。
また、交渉に現れるのは任意保険会社の担当者で、いくつもの案件を経験しているプロです。
相手が専門家という事もあり、納得していないのにも関わらず、相手の言いなりになってしまう方もいるようです。
そうならない為にも、まずは自分で損害賠償の金額が幾らくらいになるのかシュミレーションしてみましょう。
交渉する際にはその金額を提示する根拠や証拠がなければ通用しませんので、理由もなく高い金額を提示しても相手を納得させる事は出来ません。

自分だけでは不安と言う方はプロに損害額の算定をお願いする、という方法もありますよ。
こちらも専門家に依頼した金額を提示するわけですから心強いですよね。

交通事故示談の専門家を探すなら

事故示談のことなら「交通事故の慰謝料・示談SOS」へ
事故示談のことなら「交通事故の慰謝料・示談SOS」へ
いざ、専門家を探そうとして探し方がわからなければ、「交通事故の慰謝料・示談SOS」を利用してみてはいかがでしょうか。全国各地に点在する法律事務所が簡単に見つかると思いますよ。また、示談の仕方や慰謝料請求などの基礎的な知識も載せていますので、参考になるでしょう。
Posted in 交通事故の示談のポイント | コメントは受け付けていません。

交通事故発生時の対応義務と処置法

交通事故が発生した時に、対応しなければならない義務があります。
まずは警察への届け出義務、また負傷者がいた場合には負傷者の救護措置の義務、後続車へ事故が発生している事を知らせる危険防止の措置義務、停車して被害状況を確認するという義務もあります。

これらの4つは加害者が行なわなければいけません。
負傷者の救護を怠るといわゆる「ひき逃げ」となり、救護義務違反としても処分を受ける事になります。
被害者側も、加害者の氏名や連絡先を確認する為に名刺などをもらい、車についても車種やナンバー、加入している保険なども確認しておきましょう。
事故現場を記録しておく事も必要です。
デジカメを持っていなければ携帯のカメラを使ったり、メモを取ったりしておきましょう。

また、必ず医師の診断を受けましょう。
たいした事がないと思っていても、後になってから症状が重いと分かる場合もあります。
事故後に医師に診てもらっていないと、交通事故との因果関係が認められない可能性もあります。

Posted in 交通事故の対応について | コメントは受け付けていません。

示談金と慰謝料はどこが違うのか?

「示談金」や「慰謝料」というものがありますが、具体的に二つの違いをご存知でしょうか。
例え自分が車を持っていなくても、いつ・どこで交通事故に巻き込まれてしまうか予測は付きません。

自分には関係ないと思っていても、ある日突然起こってしまうのが交通事故です。
知っておいて損はありませんので、何となくでも知識として知っておいてください。
交通事故の場合の「慰謝料」は人身事故の場合にのみ支払われます。
その慰謝料は最近テレビなどでよく出てきますが、精神的苦痛に対して慰謝する為に支払われる金銭の事です。
慰謝料については、相場というものがありますので、事故の大きさなどによっても金額が変わってきます。

一方で「示談金」というのは、事故の当事者間で自由に決める事ができ、慰謝料のように法的な金額の相場などに左右される事はありません。
示談金には慰謝料も含まれるほか、怪我の治療などの治療費や、休業補償など、すべての補償費が含まれます。

Posted in 示談について | コメントは受け付けていません。