交通事故の「示談」とは?

「示談」とは当事者同士が話し合いによって、譲り合って紛争を解決することを言い、交通事故の場合にはそのほとんどが示談によって解決しています。

交通事故の場合には「被害者」と「加害者」がおり、事故によって発生したすべての損害を賠償して欲しいという被害者側と、少しでも金額を抑えたい加害者側とによって話し合いが持たれます。
直接当人同時が話をするというよりは、任意の自動車保険に加入している人が多いので、被害者側に交渉にくるのは代理人であるプロの保険屋さんである事が多いです。
示談は一度成立してしまうと、原則としてその後やり直しは出来ません。
その為、慎重に行わないといけません。

プロの代理人が交渉に来ても被害者は萎縮する事無く、希望する損害賠償金額とその根拠を証明出来るようにしておきましょう。
示談が成立した証に作成されるものが示談書です。
示談書には当事者の氏名や住所などの他に、事故原因や事故状況、示談の条件、示談書の作成年月日などが記載されます。

This entry was posted in 示談について. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found