交通事故の示談交渉するポイント

交通事故の示談にも示談交渉するポイントがあります。
まず示談交渉を行うタイミングですが、怪我の治療が完全に終わった時、またはこれ以上症状が回復しないようなところまで症状が回復した場合等がいいでしょう。

後遺症障害の認定の有無などもハッキリとして総障害額が確定してからです。
また、交渉に現れるのは任意保険会社の担当者で、いくつもの案件を経験しているプロです。
相手が専門家という事もあり、納得していないのにも関わらず、相手の言いなりになってしまう方もいるようです。
そうならない為にも、まずは自分で損害賠償の金額が幾らくらいになるのかシュミレーションしてみましょう。
交渉する際にはその金額を提示する根拠や証拠がなければ通用しませんので、理由もなく高い金額を提示しても相手を納得させる事は出来ません。

自分だけでは不安と言う方はプロに損害額の算定をお願いする、という方法もありますよ。
こちらも専門家に依頼した金額を提示するわけですから心強いですよね。

交通事故示談の専門家を探すなら

事故示談のことなら「交通事故の慰謝料・示談SOS」へ
事故示談のことなら「交通事故の慰謝料・示談SOS」へ
いざ、専門家を探そうとして探し方がわからなければ、「交通事故の慰謝料・示談SOS」を利用してみてはいかがでしょうか。全国各地に点在する法律事務所が簡単に見つかると思いますよ。また、示談の仕方や慰謝料請求などの基礎的な知識も載せていますので、参考になるでしょう。
This entry was posted in 交通事故の示談のポイント. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found